ウズベキスタン大使館にてファジロフ駐日ウズベキスタン大使と会議を実施しました!

9月2日に在日ウズベキスタン大使館にて、協同組合ラフマトはファジロフ駐日ウズベキスタン大使と今後のウズベキスタンと日本の介護分野での連携についての会議を実施しました。

会議では、当組合のウズベキスタンにおける取り組みや、ウズベキスタンの看護専門学校の職員を日本に招待し、日本の介護への理解を深めてもらった取り組みをご紹介いたしました。

会議が終わった後、ファジロフ駐日ウズベキスタン大使より、「今後の協同組合ラフマトの取り組みを大使館として、応援します。」とのお言葉を頂きました。

協同組合ラフマトでは、今後もウズベキスタン大使館と密に連携を取りながらウズベキスタンと日本の架け橋になれるように精進して参ります。そして、少しでも多くのウズベキスタン技能実習生が、日本で活躍できるよう支援してまいります。

 

詳細はこちらから!

「Yaponiya kompaniyalari bilan mehnat migratsiyasi masalalari muhokama qilinmoqda」は「労働移動問題は日本企業と議論されています」という意味になります!

 

 

At the Uzbekistan Embassy in Japan on September 2, the cooperative Rafmat held a meeting with Uzbekistan Ambassador to Japan Fazilov on future cooperation between Uzbekistan and Japan in the field of long-term care.

At the meeting, we introduced our efforts in Uzbekistan and the efforts of inviting the staff of a nursing school in Uzbekistan to Japan to deepen their understanding of Japanese long-term care.

After the meeting was over, the Ambassador of Uzbekistan to Japan, Fazilov, said, “We will support the future efforts of the cooperative Rafmato as an embassy.”

Cooperative Rafmato will continue to work closely with the Uzbekistan Embassy to become a bridge between Uzbekistan and Japan. And we will support as many Uzbek technical intern trainees as possible to play an active role in Japan.