ラフマトの特徴

Point01 Point01
成長性可能性を秘めたウズベキスタンに特化
ウズベキスタンの方々は非常に親日で礼儀正しい国民性です。 宗教はイスラム教の方がほとんどですが、比較的寛容で、ラマダンやお祈りをしない人も多いです。

また、母国語であるウズベク語は、日本語と文法が近く、中華圏の方に比べて漢字の習得は遅いですが、会話能力は非常に高い傾向にあります。
Point02 Point02
日本資本の送出機関からの紹介
ラフマトが提携している送出機関のJYONAN STAFF BUSINESSは日本資本の送出機関です。ウズベキスタン現地候補生の選抜を日本人が実施しているため、日本の職場に適した実習生を紹介可能です。

また、現地の日本語教育は日本の大学の博士号を取得した講師が行うため日本語教育のレベルもとても高くなっております。
Point03 Point03
経験豊富なスタッフによる手厚いサポート
ラフマトの通訳は日本に20年近く住んでいるウズベキスタン人が対応します。職場のトラブル対応や、実習生の生活サポートを柔軟かつ迅速に対応する事が可能です。

また、入国後講習も組合員の日本語学校を利用するため、入国前から入社までを一気通貫してサポートをする事が可能です。

取扱職種

耕種農業:施設園芸(1-1-1)、畑作・野菜(1-1-2)
建築大工:大工工事業作業(3-5-1)
型枠施工:型枠工事業作業(3-6-1)
鉄筋施工:鉄筋組立て作業(3-7-1)
とび:とび作業(3-8-1)
配管:建築配管作業(3-13-1)、配管プラント配管作業(3-13-2)
介護:介護作業(7-13-1)
農業
農業
ウズベキスタンではGDPの20%を農業を占めており、農業が盛んな国のため、多数の農業従事者がおります。代表的な作物としては、りんご・ぶどうなどの果物や、玉ねぎ、にんじん、トマト などの野菜の生産量が多い国です。(参照)
建設
建設
ウズベキスタンでは急速な経済成長の中、建設ラッシュになっております。国内だけでなく、今までロシアや、韓国の建設業で働いていた方も多く、また平均身長が175cmと、東南アジア諸国の方々と比較して、体の大きい、力持ちの方が多数おります。
介護
介護
ウズベキスタン人は皆さん、日本以上に年上の方を尊敬する文化があり、お年寄りの方に対してとても親切な人柄です。また、日本のODAでは医療・看護技術や病院設備に援助しているため、医療サービスの形式も日本に近づいております。
宿泊
宿泊
ウズベキスタンは、海外で働く人が多く、色んな人種が住んでいるため、他国に比べて語学レベルがとても高くなっております。 母国語であるウズベク語の他にロシア語も基本的に話せます。大学卒業生は英語を中心にドイツ語やスペイン語なども扱えます。

ラフマトとの業務の流れ

①実習生の受入の決定
ご対面もしくはオンラインにて、お打ち合わせ致します。弊社の紹介や技能実習生を細かくお伝え致します。候補生の動画をお見せして、採用のイメージに助力致します。技能実習生の受入決定後、求人票の作成と採用したい人材の要望書を弊社にご提出頂きます。
②監理組合への入会
技能実習生の受入決定後、協同組合ラフマトに入会いただきます。入会費1万円、年会費1万円が発生します。
③雇用条件書の作成
技能実習生の登用をご決断した後に、貴社内で雇用条件書の作成を依頼します。雇用条件書がウズベキスタン人にとって、魅力的であるかというご質問に対しても、弊社にご相談頂けます。制度への違反に抵触するかは監理組合が判断します。
④採用候補との面接と決定
技能実習生のインタビュー動画や履歴書などから、何人かの採用候補生をお選びください。雇用条件書を採用候補生に見せて、彼らの興味があった場合にのみマッチングが成立します。この段階では、採用確定ではございません。
⑤日本語授業の開始
採用候補生を正式に採用するために、現地視察を行います。現地で面接を行った後に内定かどうかを貴社にご判断頂きます。面接の直後に内定をお出しすることも可能です。​また視察が出来ない場合はツールを使用して、オンライン面接も可能です。
⑦認定書類の作成とビザ申請
無事に内定者が決まりますと、技能実習制度によって決められた書類を作らなければなりません。当監理組合の指導のもと、書類を作成いたします。現地から郵送が必要なものもありますが、サポートいたしますので、ご安心ください。
⑧入国と入国管理
入国管理局から申請が通りビザが発行されて、入国が決定します。入国して最初の1ヶ月は入国後講習を受けます。日本語の授業や日本の生活に慣れながら寮で生活をし、それを終えますと貴社に入社でございます。日本の企業、彼らが住むための寮の準備や保険の手続きをする必要があります。

ラフマトの技能実習生受け入れで発生する料金

技能実習生の受け入れに掛かる費用は、入国までに必要経費で約30万円です。この30万円は、海外での日本語教育や書類作成費、渡航費、健康診断を含んだ金額です。採用が決まったらの請求になりますので、募集や面談、採用像のご相談は無料で行っています。まずは求人票を作成して頂き、その後に募集を掛けますが、ご納得するまで面接を行うことが可能です。

書類手続は約50種類ほどありますが、全てラフマトにお任せ頂けます。また、ウズベキスタンに提携している送出機関があるため、募集から面談まで全て日本人指導で行います。入国した後は月に3万5千円を監理料でお支払い頂く必要がございます。給与や保険などは企業様の就業規則に即して、別途お支払いください。

入国までの料金について

入国までの料金について

入国してからの料金について

入国してからの料金について