何故ウズベキスタンか

協同組合ラフマトがウズベキスタンに特化した技能実習事業を行う背景としては、ウズベキスタンが技能実習の送り出し国に認定されたタイミングでウズベキスタン政府から直接依頼を受けた事が経緯となります。
また、ウズベキスタンは日本とそこまで馴染みがあるわけではなく、技能実習生もそこまで数多く入ってきてはいませんが 非常に親日な国で、礼儀正しく真面目な国民性が日本の企業と親和性が高いと感じ、日本の企業様の力になれると考え ウズベキスタンに特化した技能実習事業を行なっております。

ウズベキスタンの特徴

ウズベキスタンは、中央アジアに位置する人口3,280万人の国で、中央アジアを代表するシルクロードの中心地、観光国家です。もとは旧ソ連の構成国の一つでした。経済のタシケントと文化のサマルカンドの二大都市が有名です。
ウズベキスタンの大部分は大陸性気候のため降水量は年間を通して少なく夏と冬の寒暖差も大きいです。ベストシーズンは3~5月と9~11月でその時期は気候が安定し、観光には適したシーズンです。
ウズベキスタン人の特徴としては、思いやりが強く家族想いなところです。親日家が多いため、街中で日本人を見かけると優しく声を掛けてくれます。ウズベキスタンでは飲酒文化があり、ウォッカ、コニャック、ワイン、ビールなどを飲みます。また、​ウズベキスタンのマナーとして年長者を常に尊敬します。若い人は常に年上の人を最初に歓迎します。
ウズベキスタン基本情報

ウズベキスタンの料理について

プロフ
プロフ
プロフはメインと料理で、ピラフのことです。大きな鍋でお米、綿や羊の油、にんじん、たまねぎ、肉を入れてゆっくり炊き上げ、サフランで味付けします。
サモサ
サモサ
サモサはオーブンで焼かれたミートパイです。中には玉ねぎのみじん切りとひき肉が入っており、好みによってお酢やトマトソースをつけます。
ラグメン
ラグメン
ラグメンは手延べ麺のことで、ウズベキスタンではトマト味のスープ麺が一般的です。スープにトマトペーストを加えた汁で煮た羊肉、野菜、唐辛子などの具をかけて食べます。
シャシリク
シャシリク
シャシリクは牛肉や羊肉を焼いた串焼き料理のことです。付け合わせとして、酢漬けの生玉ねぎのスライスが一緒に出ますが、さっぱりしていてよく合います。

ウズベキスタンの仕事について

農業
農業
ウズベキスタンはGDPの約30%を農業が占めており、農業が盛んな国です。そのため、農業の経験者も多くおります。
建設
建設
ウズベキスタンの平均身長は175cmで体格の良い人が多数おります。また、韓国やロシアにも多くの建設業労働者として働いております。
介護
介護
看護に近い介護を行います。看護は日本の機材や教育方法を利用しています。年上を尊敬する文化は介護と親和性が高いです。
宿泊
宿泊
母国語のウズベク語やロシア語以外にも、大学卒業者は英語も話す事が可能です。そのため、ホテルの接客業務に重宝されています。

ウズベキスタンの宗教について

ウズベキスタンの宗教について
ウズベキスタン人の約93%はスンニ派イスラム教を信仰しますが、ウズベキスタンは世俗国家であり、さまざまな宗教や自白の代表者が一緒に住んでいます。多数がイスラム教とはいえ他国に比べて緩やかで、市民はアルコール(お酒)を飲むこともあり、ラマダン(絶食)も人によってまばらです。ヘジャブやチャドルなど顔を隠す女性も少ないです。旅行やビジネスで訪れる場合は、宗教的な面で気をつける部分は特にございません。他にはロシア系民族もいることからロシア正教の信仰もあります。

ウズベキスタンの教育について

ウズベキスタンの教育について
ウズベキスタンは2017年の教育改革によって、現在は7歳から11年間の初等・中等教育が無償の義務教育となっています。今まで、義務教育に組み込まれていたカレッジ/リツェイ(専門教育・後期中等教育)は多くが閉鎖予定で18歳以降は大学や専門学校へ進学します。国内の識字率は98%近く有しています。教育機関は、公立幼稚園は6,175園、小中学校は9,847校、大学や高等教育は75校(大学は19校)あります。義務教育には、学校で11年間、または学校で9年間に加え、アカデミック教育機関で2年間を含めることができます。 いずれにせよ11年間の勉強が用意されております。

提携している送出機関について

JYONAN STAFF BUSINESS
license
license
JYONAN STAFF BUSINESSは茨城県にある観光会社を親会社とする、日本資本で設立された送出機関です。 ウズベキスタンの国柄や国民性に魅力を感じ、2019年2月にウズベキスタン政府から認定を受け設立しました。 ウズベキスタン現地の専門学校や大学と提携して、”日本で働きたい、日本に留学したい”ウズベキスタン人を支援するために、ウズベキスタンで日本式の教育を行います。そこでは日本語だけでなく、日本の文化を伝えて、理解力のある優秀な人材を養成し、日本社会に円滑に順応できる人材を日本にご紹介していきます。
詳細はこちらからご確認ください。