技能実習とは

技能実習制度とは、一般的に日本で培われた技術等を実習生の母国へ移転する、人的な国際貢献を目的とした制度です。1960年代後半頃から海外の現地法人などの社員教育として、行われていた研修制度が評価され、これを原型として1993年に制度化されたものです。開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという国際協力の推進が期待されています。

新興国を中心とした方々が技能実習生として、日本に来日し一定期間(最長5年間)、日本の会社で就労し、日本の産業・職業上の技術・技能・知識を修得します。技能実習生は、日本の企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得を技能実習計画に基づいて行います。

技能実習で解決できること

若く意欲的な社員を雇用
技能実習生として来日する方々は、年齢が30才前後と非常に若く、真面目に取り組む社員を雇用する事ができます。
雇用の安定化を実現
技能実習生は、実習期間中は原則、同じ会社で就労し続けます。雇用主は実習生が、一人前の技能を学んだ後、別の職場へ転職する心配がありません。
採用コストの削減
技能実習生は、1年間で採用する事が可能な人数が制度で決まっていますが、確実に採用する事が可能です。 そのため、通常の求人広告のように広告費を投下して、一人も採用できなかったという事は起こりません。
必要最低限の費用で採用可能
技能実習生を採用する際には、渡航費や入国後1ヶ月の講習費など必要経費が掛かります。しかし、紹介料などは発生しません。そのため、採用コストも通常の人材紹介会社を利用するよりも安くする事が可能です。
詳細はこちらからご確認ください。